THINK×SYNCHRO 想いを繋ぎ、育てる

THINK×SYNCHRO 想いを繋ぎ、育てる

健康
パティシエ 高林 泉哉TAKABAYASHI SENYA

_AAL0239

運営ショップ
ハッピーローカーボ工房 フレジュ
代表者
高林 泉哉

_E6P7897

高林 泉哉TAKABAYASHI SENYA

1966年生まれ。神奈川県出身。フランスで洋菓子を勉強し帰国後、1997年静岡県浜松市で洋菓子のサン・ラファエルをオープン。厳選した素材を使い、基本に忠実にひとつひとつを丁寧に作るということをモットーに心のこもったスイーツを提供している。現在は糖質制限スイーツの開発に力を入れ、糖質制限スイーツを販売するフレジュも運営。
サン・ラファエル http://www.saint-raphael.co.jp/

プロジェクト情報

プロジェクト名
糖質制限スイーツ&パンを全国に普及させたい

フレジュは、静岡県浜松市にあるフランス洋菓子店「サン・ラファエル」から生まれた、低糖質パンおよびスイーツを販売するオンラインショップです。

洋菓子店が低糖質スイーツを作るということに驚かれるかもしれませんが、開発の動機は、「私の友人を助けたい!」というものでした。その友人は糖尿病を発症し、糖質制限をしなければならない状態にありました。ご存知とは思いますが、糖質とは米やパン・麺類・イモ類といった主食となる食べ物や果物に多く含まれている栄養素のことです(炭水化物の一部に該当します)。そして当然のことですが、砂糖にも多くの糖質が含まれています。

毎日、主食や甘いものをほとんど摂らない食生活というのは、大変ストレスの多いものとなります。そのような友人を何とか助けたい!と思い、これまでのパティシエとしての経験を生かして、少しずつ、糖質制限スイーツ・パンを開発してまいりました。

数年前までは、糖質制限という考えはほとんど知られていませんでした。当然、糖質制限食もほとんどなく、たとえあったとしても、美味しいとはほど遠いものがほとんどでした。私のモットーは、「ケーキは人を幸せにする」というものです。食べた人が笑顔になり、心が喜びで満たされるのを願ってこれまで作り続けてまいりました。その願いは、糖質制限というジャンルでも変わることはありません。糖質制限をされている方はなおさら、食べる喜びを持っていただきたいと思っております。

私自身も、糖尿病の友人を助けるために糖質制限パン・スイーツを開発する際、「自分でよいと思えるものでなければ作ることはできない」と感じて、糖質制限を実践してみました。私の場合はすぐに効果を知りたかったこともあり、3食すべてで糖質を制限する「スーパー糖質制限」を実施いたしました。主食はすべて抜き、肉、魚、野菜などおかずのみの食事を実践しました。お酒はウィスキーと糖質ゼロビールだけにしました。仕事上、ケーキの試食がありますので、それも最低限度に抑え、2か月実施したところ、体重は8キロ落ちました。実践後2,3日で体重は減り始め、お腹周りの肉が落ち、最終的にズボンのサイズは2インチ小さくなりました。

確かに効果を実感できましたので、それ以後は糖質制限パン・スイーツの創作に没頭しました。現在は適度なバランスを取りながら糖質も楽しんでいます。病気で制限を余儀なくされる場合を除いて、糖質も必要な栄養素だと思いますので、偏らずに食事を楽しんでいます。体重は一番少ない時よりも2キロぐらい増えましたが、それ以後は変わっていません。もし再び太り始めたとしても、糖質制限をすれば体重をすぐにコントロールできるという自信も付きましたので、その点での心配はありません。

糖質制限をしてよかった点は、体重の減少だけでなく、血糖値の改善やヘモグロビンA1cの値の改善、コレステロール値の減少などの点です。さらに、糖質制限食を食べた後は、一時的に眠くなることもなく、仕事や他の活動の妨げになりませんでした。人により効果は様々だと思いますが、体重の減少はほとんどの方が体験できると思います。

糖質制限を実践してつらいと思う方は、おそらく「主食やスイーツ」を制限されることだと思います。糖質制限をしていても、「主食やスイーツ」を食べることができたら…こんなによいことはありません。糖尿病の方も、ダイエットをしている方も、おいしいパンやスイーツを食べながら糖質制限生活を送れたら…フレジュはそんな方のお役にたちたいと思っております。これからも「楽しく明るく美味しい糖質制限」=「ハッピーローカーボ」を目指して頑張ってまいります。

こうした思いから、「ハッピーローカーボ工房 フレジュ」がスタートしました。

サン・ラファエルという名称は、私が修業時代を過ごしたフランス・プロヴァンス地方の街の名前から取っております。フレジュというのも街の名前で、サン・ラファエルの隣に位置する小さなベッドタウンの名前です。サン・ラファエルで働く多くの人がフレジュから働きに来ています。 修業時代の大切な友人もフレジュに住む一人で、私自身もフレジュの友人の家庭によく招かれたものです。修行時代を過ごした大切な思い出の街の名前から取った「フレジュ」を「サン・ラファエル」の分店としてスタートさせたいと思いました。

これからもフレジュの糖質制限スイーツ&パンにより、全国で糖尿病に悩む皆様がハッピーになっていただけるように普及していきたいと思います。



コンセプト

ローカーボな食生活とは、糖質をひたすら制限するだけではありません。 糖質を抑えるぶん、他の栄養素などをバランスよく取っていく必要があります。 普段より副菜を一品多く取っていきましょう。 ローカーボな生活をすることで、いままで出会えなかった多くの食材に巡り会い豊かな食の扉が開いていきます。

糖質制限された パンやスイーツ 美味しく飽きがこない 毎日食べたくなる味 スタッフによる すべて手づくり


よく質問をされるのが、「小麦粉を使わずに何を使ってパンを作るのですか」という質問です。フレジュでは主に小麦粉の代わりに「ふすま粉」を使用しています。ふすま粉とは、小麦の外皮だけを粉にしたものです。いわば小麦粉を精製する際に削られた部分です。玄米にしてもそうですが、ビタミンやミネラル、食物繊維などは、外側の皮の部分に多く含まれています。その点でふすま粉の方が様々な栄養素があり健康的と言えます。

ただし、糖質が少ないと発酵がうまくいかず膨らまないパンになってしまいます。また、ふすま粉はパサパサしており、そのまま使用したのでは食感もよくありません。さらに特有のにおいもあります。

こうした欠点を補いながら、いかにしっとりとして食感のよいパンを作るのに苦労しました。何度も試作を重ねながらようやく納得ゆくパンができた時は本当に感動しました。

もう一つ多い質問が、「甘いのに糖質が少ないのはどうしてですか」という質問です。これは、体内に吸収されにくい甘味料を使用しているからです。様々なメーカーから販売されている「糖質ゼロ」「糖質オフ」と書かれたドリンクなどもこうした甘味料を使用しています。甘味料もたくさんの種類がありますが、フレジュではパン・スイーツの各商品が一番おいしくなるように各種組み合わせて使用しています。

これはフレジュのこだわりになりますが、低糖質だけを重視して味を度外視することはしたくありません。「糖質制限」と「美味しさ」を両立させたいと願っています。そのため、甘味料だけでは美味しさを引き出せないと感じた一部の商品には、微量のグラニュー糖を使用しています(その商品には記載があります)。もちろん、血糖値に影響のない程度で使用しています。ここはパティシエとして皆様に美味しいものを提供したいという自負と理解していただければと思います。

甘味料や糖質制限粉類の材料費は、通常のものよりかなり高価になってしまいます。そのため価格設定でとても悩みますが、さまざまな商品を開発することで、お客様がご自分に合った商品を選んでいただけるように努力しております。

ハッピーローカーボ工房 フレジュ http://lowcarb-frejus.com/

o0960072013712269197

デジバナでプロジェクトを応援

デジバナ公式サイト https://www.digibana.jp/


以下のメールアドレスをコピーしてデジバナを活用してプロジェクトに応援したい金額を送れます!

メールアドレス
takabayashi@lowcarb-frejus.com
※デジバナの利用方法はこちらをクリック